御堂筋本町エリア物件取得

 

 10月に「御堂筋本町」エリアに3億円で専有面積67坪の区分所有オフィスを取得いたしました。

2025年に開催が決定している大阪・関西万博に向けて、本町をハブとする東西軸に注目が集まっています。

万博会場ができる夢洲へ向けての主たるアクセス方法が中央線となることが想定される中で、

二つの軸が交わる御堂筋本町は新しい大阪の中心となるでしょう。

万博を契機に大阪を訪れる、海外の多くの人々は、何らかの形で本町エリアを経由するでしょう。

その時、御堂筋本町は魅力ある住みやすい街として、世界各国からの来訪者に強い印象を与えると思います。

御堂筋本町は、大阪が国際都市として新たな発展を遂げる起点となるポテンシャルを秘めています。(M)